Aogaku Hicon
English>>
トップページ 会社概要 事業目的・設立趣旨 事業内容 セミナー一覧 アクセスマップ
青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社(青山学院Hicon)主催
ソーシャルコミュニティデザイナー・プロフェッショナル

『ソーシャルコミュニティデザイナー・プロフェッショナル(SCD-Professional)』の人材育成の目標

 社会的視点のコミュニティ活動における“コミュニケーション〜マーケティング〜ビジネス”のデザインスキルを段階的に向上する新人材像として、『ソーシャルコミュニティデザイナー・プロフェッショナル(SCD-Professional)』の育成を目指しています。

 本育成講座は、青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社(青山学院Hicon)において、青山学院大学教授と実践コンサルタントが共同開発し、この7月から研修開始を予定しています。
 研修修了者には、NPOグローバル新世代イノベータ協会(2014年1月創設)内に新たに設置する『Global-CEP資格認定委員会』の審査を経て、 SCD-Professional資格を授与することを予定しています。

  • 【オープンセミナー内容】
    1. 時代の要請として求められるSCD-Professionalの新人材像
    2. ソーシャルメディアの本質と最新事例
    3. SCD-Professionalが活躍するビジネスシーン
    4. SCD-Professionalの研修講座内容のご紹介
    5. SCD-Professionalの資格認定プログラムのご紹介
グローバルレベルのソーシャルコミュニティデザイナー構成
講師
一部講師のご紹介

玉木 欽也 (Kin‘ya Tamaki)氏
青山学院大学 経営学部教授 
青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング 代表取締役 
青山学院大学社会連携機構ヒューマン・イノベーション研究センター(HiRC) 所長
主な研究テーマ:事業創造戦略、グローバル製品戦略、ICT 活用教育による人材育成
主な学会活動:国際戦略経営研究学会理事(2007年9月〜2009年8月、2013年9月〜現在)

アクセスマップ
◆開催日: 未定
◆会 場: 青山学院Hicon セミナールーム
◆住 所: 〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
      (地下鉄表参道 B1/B3出口)
      電話 03-6427-9470
      FAX 03-3400-2181
      <アクセスはこちら>
◆参加費: 無料
◆定 員: 30名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
◆事務局: seminar[アットマーク]aogaku-hicon.jp
      (青山学院Hicon事務局)


レベル1のプログラム構成案
求める人材像
企業や団体でソーシャルメディアを担当し(担当を希望・予定し)、 各種ソーシャルメディアの運用を遂行することができる。
  概要 形式
1.各種ソーシャルメディア事例 Facebook、Twitter、YouTube、LINE、Google+等の事例を通し、各ソーシャルメディアの特徴(メリット・デメリット)を理解する 講座
2.各種ソーシャルメディアの理解1 Facebook、Twitterのアカウント作成、基本業務(コンテンツ投稿、コメント)を理解する
3.各種ソーシャルメディアの理解2 LINE、Google+、YouTubeのアカウント作成、基本業務(コンテンツ投稿、コメント)を理解する
4.顧客フォロー1 顧客のコメント内容から、どのようなコメントをリプライすることが適切かを事例を通して研究する 1.講座 
2.ワークショップ
(例題ケース)
3.発表
5.顧客フォロー2 顧客のコメント内容から、どのようなコメントをリプライすることが適切かを事例を通して研究する
6.炎上対策 炎上した際の具体的なオペレーション(エスカレーション、他ソーシャルメディアへの波及状況)を円滑に実施できるようにする
7.模擬練習 ダミーアカウントを事前作成し、実際の運用を体感する 1.最終チェック
2.発表
3.ディスカッション

レベル2のプログラム構成案
求める人材像
企業や団体でソーシャルメディアを担当し(担当を希望・予定し)、所属企業や団体にインパクトを与えられるような(例:顧客との関係やビジネスモデル、収益等)ソーシャルメディア活用の立案・実行を目指したい人。
  概要 形式
1.事例研究 ソーシャルメディアの本質とケーススタディ 1.講座
2.ワークショップ
(例題ケース)
3.発表
2.環境確認〜目標設定 ブランド・事業・活動の環境確認、事業インパクトレベルの検証、ビジネス目標設定、コミュニケーション役割定義、ソーシャルメディア目標策定
3.ソーシャルメディア戦略 ソーシャルメディア目的(例:企業価値構築、プロモーション、リレーション構築)に合わせた戦略策定
オウンドメディア、ペイドメディアとの連携デザイン
4.編集方針・コンテンツ策定 戦略に合わせた内容(編集方針や編成、コンテンツ)設計、プラットフォーム選定
ターゲット設定、投稿内容の配分の管理、トーン&マナー、著作権・肖像権など
5.構築計画の策定 体制、運用ルール、コスト、長期ロードマップ、構築スケジュール等の作成
緊急時対応(炎上など)、ソーシャルモニタリング体制・手法、想定問答集
6.規定策定 守り・広報・コンプライアンスの観点から
対社外・対社内向けの規定、公式アカウントの管理方針
7.プロモーションの策定 キャンペーンプロモーション、PR、アクティブサポート、その他リサーチ、リスニング
8.効果測定手法の策定 KPI設定。データ/ソーシャルグラフ(構造&非構造)活用の方法論。ツール。
9.全体計画の完成と発表 例題ケースでの発表、デイスカッション 1.最終チェック
2.発表
3.ディスカッション

レベル3のプログラム構成案
求める人材像
企業や団体の新規事業企画あるいは独自の起業に向け、インターネットおよびソーシャルメディアの新たな利活用モデルを提案して、ビジネスイノベーションや社会イノベーションを想起する事業創造(例:事業コンセプト、ビジネスモデルなど)と顧客創造(例:顧客理解、市場開発、マーケティングなど)の構想づくりとともに、新規事業のプロジェクトマネジメントができる創発型の新人材。
  概要 形式
1.起業アイデアの創出
(アイデアフラッシュ)
顧客理解T(背景理解、顧客価値の構造分析)、ソーシャルビジネスの事業コンセプトと経済性原則モデル 1.講座
2.ケースステディ
3.PBL(Project Based Learning)
グループワーク
2.アイデアコアの発見
(スクリーニング)
顧客理解U(顧客行動の理解、顧客情報の活用技術)、ソーシャルビジネスの事業コンセプトのリファインと競争戦略
3.アイデア評価
(ニーズとシーズ)
顧客行動に応じたクロスメディア戦略、ソーシャルビジネス環境分析、成長戦略【顧客創造+事業創造】
4.事業モデリングT
(SNSシステム全体構成)
ソーシャルビジネスに向けたSNSシステム全体構成、ソーシャルイノベーションに向けたWAYマネジメント(理念、ビジョン、行動指針)
5.事業モデリングU
(ビジネスモデル開発)
ビジネスモデル開発(基本モデル、収益モデル、ビジネスプロセスモデル)、プッシュマーケティングに基づく全体事業システムの基本設計、事業システム運営に向けた組織構造
6.事業モデリングV
(事業システム設計)
価格デザインと収益モデル(概略収支計画を含む)、事業システムの詳細設計(全体システムとサブシステム、自社事業領域と戦略的提携)、運用プロジェクトマネジメント
7.マーケティング戦略
(マーケティングミックス)
マーケティングミックス(4P ‐ 4C ‐ 4S【社会的価値】)、コミュニケーションTMC、顧客データのアナリシスとビジネスモデル進化に向けた活用
8.ビジネスプラン構想書 ビジネスプラン構想書の策定、専門家による指導・フィードバック 1.個人演習
2.専門家による指導
・フィードバック
9.ビジネスプラン・
プレゼンテーション(全員)
ビジネスプラン構想のプレゼンテーション(全員)、専門家による指導・フィードバック、全体デイスカッション 1.プレゼンテーション(全員)
2.専門家による指導・フィードバック
3.ディスカッション


プライバシーポリシー | サイトご利用上の注意 | 関連リンク Copyright©Aoyama Gakuin Human Innovation Consulting Inc.
All rights reserved.