お申し込みいただいた方は、こちらのボタンよりSDGs入門プログラム ベーシックコースのページに進んで学習を始めていただけます(ログインが必要です)。
「SDGs入門プログラム 受講のお申し込みはこちら

「SDGs入門プログラム」の中で、新たなケースステディコースの開講!

スマートフォンやPCを介して学べる「SDGs入門プログラム」の受講者の募集中!
青山学院大学経営学部教授 玉木欽也(当社代表取締役)が監修・講師を担当する『SDGs入門プログラム』の受講者を、新たに2021年1月中旬から募集します。

企業・自治体などの皆様に向けて、SDGsに関わる歴史的な展開、世界・日本の動向、経営学視点からの総論、先進事例のケーススタディにより、総合的・実践的な学びを全7科目でほぼ完結できる日本初の試みです。このプログラムの特徴は、SDGs&ESGCSVを経営学の視点から体系化したベーシックコース4科目、6月上旬開講)です。第2の特徴は、グリーン購入ネットワーク(GPN)が主催しているグリーン購入大賞に選定された企業・自治体の優れたSDGs実践事例のケーススタダディコース3科目、今秋開講予定)を編纂しています。第3に、教育の質保証として、科目ごとの修了オンラインテスト認定を行います。また『SDGs入門プログラム』資格認定制度(20211月予定)を準備しており、7科目の学習完了者の中で特に希望者には資格認定を行う予定です。[認定機関:青山学院大学SDGs人材開発パートナーシップ研究所(予定)]。

SDGs入門プログラムの学習方法

【学習時間とオンラインテスト】

  • 1)隙間時間を利用して、スマートフォンやPCを介して学べるように、1科目の中で、各学習回のコンテンツは10分程度です。
  • 2)各科目の学習時間は、おおよそ90~120分程度です。
  • 3)教育の質保証として、各回の学習終了時に「確認テスト」があります。各科目の学習終了時に「科目修了認定テスト」があります(「確認テスト」から出題されます)。
  • 4)全7科目の学習完了者に対するオプションとして、資格認定制度に申し込むことができます[認定機関青山学院大学SDGs人材開発パートナーシップ研究所(予定)]。

SDGs入門プログラム全体の特色

  • 経営学の視点から、SDGsの専門知識、関連知識、歴史的展開を体系化
  • 科目単位での教育の質保証の取り組み
    • 各回eラーニングの学習の後に確認テスト、1科目ごとの学習後に科目
      修了テスト
      を実施
    • 7科目の全修了テスト認定者の中で、希望者に向けて資格認定制度を準備中(2021年2月末予定)

ベーシックコースの特色

  • 経営学の視点から、SDGsを、CSR、ESG、CSVと相互に結び付けて体系化
  • 上記に関連した歴史的展開を詳述し、国内外の適用動向をわかりやすく解説
  • 未来社会課題型の企業経営であるSDGs経営の進め方を学べる
  • 内閣府が選定するSDGs未来都市の事例を通じて自治体の特徴的な取り組みを学べる

ケーススタディコースの特色

  • SDGsの17目標、ターゲット、指標、ローカル指標を体系的に解説
  • グリーン購入ネットワーク(GPN)の全面協力による事例提供
    • 「持続可能な調達」を通じたグリーン市場の拡大を目指す「グリーン購入大賞」を主催
    • 表彰された優秀な企業と自治体の事例を、自社・団体へ応用できるケーススタディとして編纂

受講者の声

こちらで、本プログラム(ベーシックコース)を受講された方のご感想を紹介しています。

受講料

一般価格:33,000円(税別)

協賛団体会員価格:28,000(税別)

協賛団体会員とは、グリーン購入ネットワーク(GPN)様の会員団体様、地方創生SDGs官民連携プラットフォームの参加団体様、その他当社とのお取引や提携関係がある団体様となります。

※応募者多数になりました場合には、受講いただけないことがございます。あらかじめご了承ください。

SDGs入門プログラム「ベーシックコース」の構成

総論(1)
  • SDGsの成り立ちと意義
  • SDGs経営のビジネスチャンス
  • ビジネスリスクと機会に対応するESG経営、ESG投資
  • CSRとISO26000
  • CSRを基盤としたCSVの展開
総論(2)
  • 未来志向の企業経営に向けたSDGsの必要性
  • 未来志向の企業経営に向けたSDGs WAYマネジメント
  • 日本政府・各省庁の動向と世界における日本のSDGs
  • 自治体における地方創生とSDGs「SDGs未来都市」
  • 統合報告書の編纂と情報発信
SDGsの概要と企業経営における取り組み
  • SDGsの概要
  • 2030アジェンダの理解
  • そもそもSD(持続可能な開発)とは
  • CSR/CSV/ESGとの統合的理解
  • 内部化
  • 経営への統合
SDGsの背景と歴史
  • 2010年代「拡大」
  • 2000年代「責任」
  • 1990年代「地球」
  • 1980年代「転機」
  • 1970年代「危機」
  • 1945~1960年代「原点」

SDGs入門プログラム「ケーススタディコース」の構成

第5科目 先進事例を通したSDGsの具体的な進め方

・第1回 ケーススタディコースの学習のポイント

青山学院大学経営学部教授 玉木欽也

・第2回 「SDGs未来都市計画」に対する「自治体ガイドライン」の適用

青山学院大学経営学部教授 玉木欽也

◎SDGs未来都市に取り組む自治体の先進事例
・第3回 SDGs未来都市 「さいたま市」のケーススタディ

青山学院大学経営学部教授 玉木欽也

・第4回 SDGs未来都市 自治体SDGsモデル事業 「神奈川県」のケーススタディ

青山学院大学経営学部教授 玉木欽也

◎“SDG Compass”に沿った企業の先進事例
・第5回 SDGコンパスに沿った中小企業の取組事例(株式会社タカヤマ)

有限会社サステイナブル・デザイン
代表取締役 西原 弘

◎パートナーシップ先進研究
・第6回 グリーン購入ネットワーク(GPN):持続可能なパートナーシップの事例研究

グリーン購入ネットワーク(GPN)
事務局長 深津学治

◎SDGs 目標別の表彰事例解説【GPN】
第6科目: SDGsの17目標の相互関係と分類
(1)人間 目標1~6の解説
目標1、2、3の事例
目標4、5、6の事例
(2)繁栄 目標7~11の解説
目標7、8、9の事例
目標10、11の事例

第7科目:SDGsの17目標の相互関係と分類
(3)地球 目標12~15の解説
目標12の事例(1)
目標12の事例(2)
目標13、14、15の事例
(4)平和 目標16、(5)協働 目標17の解説
目標16、目標17

 

※構成や内容は変更する場合があります

お問い合わせ

青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング(株)
電話番号03-6427-947010:0017:00 土・日・祝日を除く)
メールアドレス:
hicon@aogaku-hicon.jp
Webサイト:
http://www.aogaku-hicon.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/aogakuhicon/

SDGs入門プログラム 受講申し込み

一般受講者としてお申し込みの方はこちら

協賛団体会員としてお申し込みの方はこちら

“新しい時代の経営”を伴走します|青山学院Hicon

いま、時代が大きく変わる潮目にあります。
マスからネットへとメディアの主役が変わり、情報の流れが変わりました。AIやロボットは進化を続け、言語の壁や距離の遠さを越えてコミュニケーションができるようになりました。商品やサービスの企画、市場の設定、プロモーション戦略、何もかもがかつての経営論では太刀打ちできません。

この時代の経営者は、「グローバルな視点」と「文化」を軸にした戦略が必要と言えるでしょう。よろしければ私達と一緒に始めてみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterフォローお気軽に

おすすめの記事