凸版印刷株式会社【2/3 企業人交流会参加企業紹介】

企業から学生の皆さんへのメッセージ
トッパンは、多くの方がイメージするであろう「印刷」の会社ではありません。   キーワードは「モノつくり」と「コトつくり」。常に生活者の視点を忘れず、クライアントの潜在的なニーズを掘り起こし、共に新しい価値を創り出していきます。そのアプローチは「印刷」の枠を越え、イベントやキャンペーンの企画・運営、ビッグデータやVRを活用したサービスなど多岐に渡ります。原点である技術と柔軟な発想があれば、限界はありません。このフィールドで共にチャレンジしませんか?

ここに注目!
・多岐にわたる事業分野
 凸版印刷は、大きく分けて3つの事業分野があり、印刷の枠を超えて様々な事業に取り組んでいます。
 「情報コミュニケーション」の分野では、円滑なコミュニケーションを求めるお客さまに対し、「情報の価値を高める」「情報を効果的に届ける」ソリューションを提供しています。
 「生活・産業」では、生活者の「医・食・住」に関わる様々なニーズに対応し、快適で安心な生活環境づくりに直結した製品・サービスを展開しています。
 「エレクトロニクス」では、「印刷テクノロジー」をベースにディスプレイ関連製品、半導体関連製品を取り扱い、事業を展開しています。

・4つの職種とチームワーク
 凸版印刷には、大きく分けて4つの職種があります。
 クライアントに寄り添い、課題解決に向けてプロジェクト全体を推進する「営業」、課題解決のための具体的な戦略を策定しディレクションを行う「企画」、幅広い技術領域を生かし、「印刷」にとどまらない多種多様な「ものづくり」「ことづくり」を支える「技術」、そして、会社組織の基盤として専門的な立場から事業活動を支える「事務・管理」の仕事。
 これらの各部門がチームワークを発揮しながらプロジェクトを進行し、クライアントを通じて消費者へ届けています。

少しでも興味を持った方は、ぜひ下記のリンクから企業情報や採用情報にも目を通して見てくださいね!

詳しくはこちら!
凸版印刷株式会社ホームページ:http://www.toppan.co.jp/
採用情報ページ:https://www.toppan.co.jp/recruit/shinsotsu/

“新しい時代の経営”を伴走します|青山学院Hicon

いま、時代が大きく変わる潮目にあります。
マスからネットへとメディアの主役が変わり、情報の流れが変わりました。AIやロボットは進化を続け、言語の壁や距離の遠さを越えてコミュニケーションができるようになりました。商品やサービスの企画、市場の設定、プロモーション戦略、何もかもがかつての経営論では太刀打ちできません。

この時代の経営者は、「グローバルな視点」と「文化」を軸にした戦略が必要と言えるでしょう。よろしければ私達と一緒に始めてみませんか。