「未来戦略デザイン・プロデューサー」の育成

「未来戦略デザイン・プロデューサー」の育成

未来事業構想を策定できる「未来戦略デザイン・プロデューサー」の育成

1.「未来戦略デザイン・プロデューサー」の新たな人材像

 この「未来戦略デザイン・ビジネスプロデューサーが担当する任務と人材像の定義ついては、『デジタル時代においてプラットフォーム、アプリケーションソフト、スマート製品や、それらに関連したサービスを駆使して、経営組織において未来志向の戦略使命とビジネスモデルの事業構想を描き、それらの使命を組織で実行を指揮できる実践的リーダー』と考えています。

2.「未来戦略デザイン・プロデューサー」の教育方法の特色

 2016年度から産学連携の「未来戦略デザイン推進会議」によって、「プロジェクト型学習 (PBL: Project Based Learning」と、「アクティブラーニング(AL: Active Learning、協同学習)」の双方を融合した『グループワーク演習』と、教育組織および学習支援の運営方法に関する研究開発とその実証を継続してきました。

 さらに、新たな学習環境システムとして「ハイブリッド型学習プラットフォーム」の研究開発に継続的に投資をして、実践的な運営管理にも取り組んできました。

3.『グループワーク演習』(1):PBLのケーススタディ方法

PBLのテーマとして、仮想的な未来戦略デザインプロジェクトが発足したことを想定して、「マルチサイド・プラットフォーム(MSP)」のビジネスモデルを取り扱っています。

そのMSPビジネスモデルが、SDGsの社会課題解決に繋がるように、『バックキャスティング技法』を取り入れて、学習者をいくつかのチームに分けて、それぞれのチームごとに未来戦略デザインプロジェクトの「事業コンセプト企画」を策定します。

4.『グループワーク演習』(2):ALとして1つのチームを4つのグループに編成

アクティブラーニング(協同学習)をするために、以下に示す異なるグループ別の担当者同士が、協同して仮想プロジェクト活動を行います。

それぞれのチーム内で、個々の学習者は、以下に示す4つのグループにそれぞれ所属して、各自の担当業務を担うグループワーク演習に従事します:

 

G1: 『SDGs/ESG/CSV の統合化ビジネスモデル』

SDGs(持続可能な開発)、

ESG(環境、社会、ガバナンス)、

CSV(共通価値=社会価値×経済価値)

G2: 『デジタルマーケティングと製品サービス企画』

G3: 『スマート製品設計とDX

DX(Digital Transformation)

G4: 『プラットフォーム・インテグレーションマネジメント』

クリックで拡大

図 2020年度後期 青山学院大学経営学部の専門科目として実証した

「グループワーク演習」の全体授業計画[90分×15]

(出所:青山学院大学経営学部 2020年度玉木欽也研究室成果報告書)

 

(1) G1: SDGs/ESG/CSV の統合化ビジネスモデル 

2030 年を想定した、SDGs とCSV を両立するソーシャルビジネスを行う際、どのような価値を提供し、どのようなビジネスプロセスを自社・ステークホルダー間で役割分担をするのか、どのようにして利益を上げていくかについての具体的なビジネスモデルを考案する。

 

(2) G2: デジタルマーケティングと製品サービス企画 

デジタルマーケティングでは、将来を担うデジタルマーケティングのマーケッターを育成するための「教育プログラム」を開発することを目的としている。

・ペルソナ分析

・カスタマージャーニーマップ ⇔マネキンパターン行動 ⇔ショートムービー

・事前・事中・事後サービスプロセスに対するタッチポイント(顧客接点)

・商品サービス企画と価値創造:物理的、感性、共創価値、CSV価値

・顧客ID付き顧客使用経験データの収集・蓄積・解析

・コンテンツマーケティングとPR戦略、プッシュ型/One to Oneマーケティング

(3) G3: スマート製品設計とDX

スマート製品およびアプリケーションソフトの設計方法として、以下のステップで進める:

価値連鎖(新たなバリューチェーンとステークホルダー)の可視化と、製品化の検証(シミュレーション)

MBSE(Model Based Systems Engineering)

ステークホルダー行動評価/体験価値評価/製品サービス評価

クリックで拡大↑

(4) G4: プラットフォーム・インテグレーションマネジメント

提供する側と、需要(市場、個客)側とを結び、仲介取引を促進する「マルチサイド・プラットフォーム(MSP)」のビジネスモデルを提案する。

 

クリックで拡大↑

 

“新しい時代の経営”を伴走します|青山学院Hicon

いま、時代が大きく変わる潮目にあります。
マスからネットへとメディアの主役が変わり、情報の流れが変わりました。AIやロボットは進化を続け、言語の壁や距離の遠さを越えてコミュニケーションができるようになりました。商品やサービスの企画、市場の設定、プロモーション戦略、何もかもがかつての経営論では太刀打ちできません。

この時代の経営者は、「グローバルな視点」と「文化」を軸にした戦略が必要と言えるでしょう。よろしければ私達と一緒に始めてみませんか。