学生参加型 産学連携による「SDGsフードロス再生プロジェクト」内閣府HPにて選考投票受付中


地方創生SDGs官民連携事例の紹介・優良事例の選考に向けての投票受付中!



SDG
s&ESGCSV事業部門で取り組んできたフードロスプロジェクトが、事例として地方創生SDGs官民連携プラットフォームに掲載されています。

95番目の事例として紹介されています。

 

内閣府HP

https://future-city.go.jp/platform/case/

 

 

そして現在、地方創生SDGs官民連携事例の紹介・優良事例の選考に向けての投票受付中です!
投票期間 12/4 13:00まで

内閣府HP

https://future-city.go.jp/platform/case/

 

 

ぜひエントリーNO95の学生参加型 産学連携による「SDGsフードロス再生プロジェクト」に投票をお願いいたします!

詳細資料は下記です。

「SDGsフードロス再生プロジェクト」詳細について

https://future-city.go.jp/platform/download/data/case2020/095.pdf

 

 

“新しい時代の経営”を伴走します|青山学院Hicon

いま、時代が大きく変わる潮目にあります。
マスからネットへとメディアの主役が変わり、情報の流れが変わりました。AIやロボットは進化を続け、言語の壁や距離の遠さを越えてコミュニケーションができるようになりました。商品やサービスの企画、市場の設定、プロモーション戦略、何もかもがかつての経営論では太刀打ちできません。

この時代の経営者は、「グローバルな視点」と「文化」を軸にした戦略が必要と言えるでしょう。よろしければ私達と一緒に始めてみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterフォローお気軽に

おすすめの記事